ニュース

ボールを遠くに飛ばすには三つの要素を満足させなければなりません。

 ○飛びの三要素 
    ①スピン量を減らす(2,600回転程度が理想的)
    ②打ち出し角を高くする(15°程度が理想的)
    ③ボール初速を上げる(ミート率を上げる)


 ①スピン量を減らす、②打ち出し角を高くする事について

  A.重心の高いもの、低いものについて研究
  B.重心深度について研究(前側⇒フェース側)
                  (後側)
  A.とB.によるボールに対するギア効果


 A.についての写真(重心の高いもの、低いものについて)

   
   パーシモン(柿材)
   ①ドライバーソール板(右側)はアルミ材(軽い)、重心は高い
   ②フェアウェイウッドソール板(左側)は真鍮材(重い)、重心は低い

   
   左:鉛を高い位置まで入れる(重心を高くする)
   右:鉛を大きく浅く入れる(重心を低くする)

   


 B.についての写真(重心深度について)

   

   

 A.とB.によるギア効果の写真

   
   従って低重心・後方重心の方がボールスピン量が減ります。
   また、打ち出し角は高くなります(アベレージゴルファー向き)
   前重心の方はスピンがかかるのが遅いのでスピン量は減りますが、
   打ち出し角を高くするには背筋が強くなければなりません(パワーヒッター向き)


 ③ミート率を上げる(重心位置を研究)⇒重心位置の近辺で打つ事

  ○重心位置を簡単に見つける方法
   

 ③ボール初速

  1.最近のクラブはスリーブソケットが付いているもの(スライス、ドロー、ライ角度調整機能)が多い。
    しかし逆にシャフトのキックバック現象(シャフトの先端で起きるしなり戻り現象)を殺してしまうので、
    ボール初速が落ちてしまう傾向がある。

 

 
 ・キックバックを起こす様設計している(すき間がある)

 ○方向性(フェース角の調整機能)

  下記の写真のようにスライスの出るゴルファー、フックの出るゴルファーのための調整機能が付いている。

        

         


 以上の要素を助ける機能が付いたクラブが最近発売されている。
  ・舶来品は外見で機能を見える様に訴えている。

   

  ・国産はヘッド内部に機能を入れて外見はゴルファーの感性に訴えるものが多い。




 ○今年春発売される国産の技術でマッスルバックアイアンにもかかわらずキャビティバックの
  機能を十分満たされたアイアンが発売されます。(ヨネックスから世界初)


  


 ○ギャザースポット
  ・パーシモン(柿材)の時代は無垢材(むくざい)のため力は中心に集まる。従って、打点は狭い。
   ⇒難しいので上級者好み。打感は良い。この様な流れで考えると最近のクラブでは容積の小さい
    ものを好む。(430cc位)

          

 ○ワイドスポット
  ・中空なので力を金属で出来ている側に逃がす。従って打点は広い。
   ⇒易しいのでアベレージゴルファー好み。容積の大きいものは特に良い。(460cc)
    打感より打球音でナイスショットを判断。

          


 ○ボールについて
  ①の写真の様に糸巻きボールは、フェースで打った反対側は円を保っているので即スピン(回転)がかかる。
   バックスピン量が多く止まりやすいが飛ばなかった。

  ②の写真のように2ピース、3ピース、4ピースボールはフェースで打った反対側も引っ張られ、ラグビーボールの
   様になるので、回転はすぐにかからず円に戻るのに少し時間がかかる。従ってスピン量が減り飛ぶ。

          


 ○ディンプル(ボール表面の凹んでいる模様)

          

   前進方向からの抵抗する空気の流れをディンプルの凹みに入れて回転して後方に流してやる役目である。
  従ってボールは前へ前へと飛んでくれる。

     


          




     

  上記の様に打てるゴルファーには今迄書いた機能が最大に発揮できます。そのためクラブとボール
  の科学をしっかり理解しましょう。


     

  私共、アオキゴルフサービスには30年以上パーシモンを削った
 クラブ職人が2名おりますが、ボールとクラブの機能を考えクラブを
 作ってきました。クラブを安く売るというよりクラブの機能を詳しく
 分かりやすく説明できる店です。
 一度来店して疑問をぶつけて下さい。お待ちしております。



1972年東京にて開業後、地元秋田に帰省し1977年ゴルフ専門店として秋田にオープンする。
修理・製作・販売をモットーに現在に至る。
社屋2階の3打席の練習場においてスウィングを分析してお客様の体型、体力に合わせたウッド、
アイアンセットを作っている。20年程前には塩谷育代プロなど女子プロのクラブ調整等多数行って
いたクラブマスターがフィッティングをやっております。
ゴルフクラブの相談室をモットーにお客様のスコアアップに少しでも役に立ちたいと考えている店です。