@ブラック
A紺
Bメタリックブルー
Cパールグレー
Dブリリアンブラック
Eメタリックピンク
Fロイヤルレッド
Gメタリックブラウン
Hギネスレッド
Iツアーグリーン
Jナイトメタリック
Kメタリックベージュ

Factory

シャフト
「スパイン(背骨)アライメント測定について」


 シャフトは製造工程においてシャフトの厚さ、ストレート性、真円性、硬さ等にバラつきがあります。
そこでシャフトの硬い部分として背骨(スパイン)のような形が存在している事が最近話題になって
おります。スパインを計測してシャフトを取り付ける事によって最適なシャフト性能が発揮できます。
 我々はパーシモン時代に塩谷育代プロのクラブを作っておりましたが、ヘッド形状、バランス、
グリップの取付けに全く問題がなく最高のクラブを作ったのです。飛距離には大変満足してもらい
ましたが、方向に問題がありました。そこでシャフトに方向性があるのではないかと疑問を感じ、
シャフトの方向性を計測する機械を作りました。これが今から20年以上前の事です。

それが最近話題になっているスパインアライメント測定です。
我々はこの研究を20年前に完成しております。しかし最近のシャフトは文字、絵柄がプリント
されておりますので、この方法でシャフト交換すると、プリント、文字、絵柄が斜めになってしまう事も
あります。この事をお客様が了解して頂ければもう一度20年前に完成した方法(シャフトの方向性を
調べる)でシャフト交換をやると最高の性能を発揮する事が可能です。

 一度、当店工場へ足を運んで御自分の目で確認してみて下さい。
お待ちしております。





修理、製造職人として48年の社長(鎌田一)と修理、製造職人42年の専務(鎌田二郎)と2名で運営しております。
最近はオーダークラブはほとんど作っておりません。
理由は各メーカーのクラブでほとんどのゴルファーの要望に合わせたクラブを探すことが可能な時代になったことです。
(各メーカーの研究が進み我々職人よりはコンピュータ解析ですばらしいクラブを作っているという事を認知しておりますから。)
但し、大事な点はプレイヤー全てに適合するクラブはないということをプレイヤー自身が知ることです。
従って購入者にクラブのいろいろな不適合箇所を調整してプレイヤーの使い易い道具を作り上げていく
ことを主な工場の仕事としております。(一言で言えばゴルファーの工具を作ることです。)



・しなり位置の測定(キックポイント)

シャフト抜き     ライ直し
・ヘッド抜き機とロフト・ライ調整

※パターでお悩みのゴルファーへ
 パターのライ角が合わない。ヘッドに対してシャフトが真っ直ぐ入っていないパターが多く見受けられます。
ショートパットが引っかかる、右に押し出すという現象が出る人は一度パターを見せて下さい。案外上記の
原因の結果だと思います。

 
 ・左はアップライト過ぎ、右はフラット過ぎ

 
 ・左は右へ押し出す。右は左へ引っかかる。


 ・修理工具



@ヘッドオーバーホール(塗り直し)1本 ¥9,000〜
メタルヘッド、チタンヘッド共にヘッド塗替えが出来ます。同じ色、または色を変えて気分を変えることも出来ます。
当社で塗装できるカラーは全12色です。(下の写真です)
納期は、約3週間で出来ます。

 
※右が塗装前、左が塗装後です。




※カラーサンプルです。この中よりお選び下さい。

○白色ヘッド塗装始めました!どこのメーカーのクラブでも白く塗装できます。

         

○パターも白く出来ます!
         

Aネックルーズ  (あなたのクラブは大丈夫?)

ウッド・アイアン共に、ソケットの隙間が開くとヘッドとシャフトが抜けやすくなり大変危険です。
ラウンド中にヘッドが抜けて飛ぶこともあるので早急に修理してください!


※右が正常な状態。真ん中と左はシャフトが抜けかかっている可能性あり。


Bゴルフはクラブフィッティングでうまくなる

スイングとシャフトの個性にあわせてシャフトをフィッティングする考察法

1.先調子(シャフトの先端がしなるタイプ)


手元しっかり、しなりは最小。軌道が安定します。

・右肘をたためて、自分でタメが出来る上級者に
・振り抜きの速い人に
・球がバラけるハードヒッターに
・ミート率が悪い初中級者に
・球が上がらない人に

2.中調子(シャフトの中央がしなるタイプ)


トップでタメ。フォローまで一気に振り抜けます。

・カット打ちになりやすいスライサーに
・コンパクトで早めのスイングの人に
・球がつかまらない人に
・ヘッドスピードを上げたい人に
・フォローが取りにくい人に

3.元調子(シャフトの手元がしなるタイプ)


シャフトが大きなタメを作り、徐々に加速します。

・ゆっくり打つスインガータイプの人に
・フックや引っかけの多い人に
・トップから一気に振り抜く人に
・右足体重のままインパクトを迎える人に
・自在に打ち分けたい上級者に

熟読!
 フジクラシャフトについては、我々はかなりの本数をリシャフトしてきたが、非常にマッチングして大変良い評価を頂いている人と、あまり良い結果を頂けない人に別れている。原因を考えてみると、練習場でお客様同士の話の中にフジクラシャフトの話が出てきて、「リシャフトしたら大変飛ぶようになった」という話を聞き、フジクラの何のシャフトで硬さは何かを聞いてきて我々にシャフトの種類・硬度・長さを指定してくる例がほとんどである。我々もお客様の指定どおりにリシャフトした結果、合う人・合わない人に別れるようである。
 幸いにして2階に練習場があるのでお客様のスウィングを良く見て解析し、フジクラのどのシャフトが良いか選定してやれば、ほとんどのお客様にマッチングさせる事が可能になると考える様になりました。

・結論
 シャフトは練習場を備え、しかも、スウィング解析のできる職人がいる工場でリシャフトして初めてシャフト性能が最大に生きるシャフトである。

次のページへ→